絵本を読んで、作って、楽しもう

【絵本づくり】Photoshop色の置き換え機能でイラストの雰囲気を変えてみよう

ミミです

完成した手描きのイラスト、別の色で雰囲気を変えてみたい…でも、描き直しは勘弁!

熟練の絵描きの方なら、色選びは一発でばちっと決められるかもしれませんが、その域まで達していないとなかなか難しいですね。

しかも、手描きのイラストの色変えは至難の技。またデジタルデータでも、作り方にもよりますが、色の変更は結構手間がかかります。

そんな時、Photoshopの色の置き換え機能を使えば、簡単に色を置き換えることができ、様々な色のバリエーションを試すこともできます。

今回は、初心者の方でも簡単にできるPhotoshopの色の置き換え方法を3つご紹介します。

この色の置き換え機能で、イラスト雰囲気をサクッと変えてみましょう。

(Adobe Photoshop CC、Mac使用/サンプル画像:幼少期の息子の絵)




1. 色の置き換えツール

この処理は、変更したい範囲が狭い、部分的に変更したい画像に向いています。

作業手順

  • STEP.1
    色の置き換えツールを設定

    ブラシツールを右クリックして、[色の置き換えツール]を選択。

    色の置き換えツール画面

    ワークスペース上部のオプションバーから、それぞれ設定をする。

    ①ブラシ設定…画像の大きさに合わせて調節。

    ②モード…[カラー]に設定。

    ③サンプル…真ん中のアイコン[サンプル:一度]に設定。

    ④制限…[隣接]に設定。

    ⑤許容値…最初は50%以下に設定して、後から画像を見ながら調整。

     

    【許容値】数値が低いとクリックしたカラーに近い色だけを拾うため選択範囲が狭まり、数値が高いと類似色を多く拾うため選択範囲が広がる。精密さを求めるなら低めに設定する。

  • STEP.2
    置き換えるカラーを選択

    置き換えたい色をカラーピッカーから選択。

    カラー選択

  • STEP.3
    色を置き換える

    まず、変えたい色の部分を[色の置き換えツール]でクリックしてから、他の部分をクリック(またはドラッグ)すると色が置き換わる。最初に選択した色に近い色が選択されるため、他の色は変更されない。ブラシの太さや許容値は画像を見ながら調整する。

    色の置き換えツールGIF

  • 完成

    見本のようにいくつかの色に変えることもできます。




2. 色の置き換え機能

色置き換え比較画面

この処理は、色を変更したい範囲が広い、色の重なり合っている部分が多い画像に向いています。

作業手順

  • STEP.1
    [色の置き換え]を選択

    メニュー画面[イメージ]→[色調補正]→[色の置き換え]を選択。

    色置き換え選択画面

  • STEP.2
    色の置き換えパネルの設定

    色の置き換えパネルが表示されるので、画面を見ながら設定をしていく。

    色の置き換えメニュー画面

    ①カラー…④のスポイドアイコン(左端)を選択し、画面の置き換えたい色をクリック。

    ②許容量…数値が高いと①で選択した色の類似色を多く拾うので選択範囲が広がる。画面のモノクロ画面の白色部分が置きかわる範囲。

    ③結果…左側のバーで調整、または四角のカラー部分をクリックするとカラーピッカーが表示されるので、置き換えたい色にする。

    ④スポイドツール…置き換えたい色を増やしたいときは「+」のスポイドを、減らしたいときは「−」のスポイドを選択し、画面をクリックする。

  • 完成

部分的に色を変える場合

選択ツールを使って、色の置き換えたい範囲を選択し、STEP.1、STEP.2で部分的に色を変えることもできます。ただし、色がはっきり分かれた画像でないと、やや不自然できれいに仕上がりません。




3. 調整レイヤーでの色変換

調整レイヤー比較画面

この処理は、輪郭のはっきりした画像に向いています。やり直しが楽な方法です。

作業手順

  • STEP.1
    選択範囲の作成

    選択ツールを使って、色の置き換えたい範囲を選択します。

    選択ツール

  • STEP.2
    調整レイヤーの作成

    選択された状態でレイヤーパネルの右下[調整レイヤー]から[色相・彩度]選択すると、レイヤーマスクができる。

  • STEP.3
    色調整

    色相・彩度パネルで色味を調整する。

    色調整パネル

  • 完成

    調整レイヤー色置き換え完成

    色を変えたい場合はレイヤーマスクのマークの部分(下写真の赤枠部分)をダブルクリックすると、色相・彩度パネルが表示されるので、そこから再設定する。

    レイヤーマスクマーク

 

最後に

今回ご紹介した3つの方法は、作業工程が少なく、簡単に色を置き換えられるので、ぜひお試しください。

今まで自分があまり使わない色を試してみたり、色調の強弱を変えてみたりして、ご自身の作品の新しい発見を楽しんでみるのも良いですね。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。