絵本づくりのお勉強

Photoshopでイラストを水彩画風にしてみよう。後からの修正も簡単にできます

Illustratorで描いた単調なイラストでも、Photoshopで水彩画風に仕上げると、ふんわりとした手描きの雰囲気が出せます。是非覚えておきたいたい機能ですね。

でも、ブラシをカスタマイズしたり、完成後の手直しが面倒だったりするんだよね〜。むしろ素材を探した方が早くない?

ミミ

そんなあなたに、Photoshopのフィルターとレイヤー機能を使って、イラストを簡単に水彩画風にできる方法をご紹介いたします。後からの色変えや、素材の雰囲気を変えたい時なども楽に修正できます。

(使用ソフト Adobe Photoshop CC・Adobe Illustrator CC、Mac使用、見本画像は800×600pixel、72dpiで作成)




【前準備】モノクロのイラストを用意

イラストはモノクロのものを用意しましょう。

Illustratorで作成したイラストを選択してコピー、Photoshop上でペーストします。

レイヤー名を「イラスト」とします。

【工程1】色ムラを作る

ここでは、フィルター機能の「雲模様」を使って、色ムラを作る下準備をしていきます。

  • STEP.1
    「イラスト」のレイヤーの上に新規レイヤーを作り、黒で全面を塗りつぶす。 
  • STEP.2
    まず、カラーを描画色を黒、背景色を白の設定にする。

    メニューの[フィルター]→[描画]→[雲模様1]を選択します。(レイヤー名「もやもや」)

  • STEP.3
    「もやもや」レイヤーを一旦非表示にしておく。(目のアイコンをクリック)
  • STEP.4
    「イラスト」レイヤーを選択し、チャンネルパレットの[RGB]+[⌘(コマンド)]キーを押し、メニューの[選択範囲]→[選択範囲を反転]これでイラストの黒い部分が選択される。

  • STEP.5
    選択範囲が表示されている状態で、「もやもや」レイヤーを選択して非表示を解除する。

    この状態でレイヤーマスク(赤枠部分)をクリックすると、選択範囲の形でマスクがかかる。

    表示画面はこのようになっていればOK。

  • STEP.6
    「もやもや」のレイヤーパレットの描画モード(赤枠部分)を[通常]→[スクリーン]にする。




【工程2】色塗り

レイヤーを重ねて、色をのせていく作業です。

  • STEP.1
    「イラスト」レイヤーを非表示にする。(「イラスト」レイヤーの役目は終わりました)
  • STEP.2
    「もやもや」レイヤーをコピーして、レイヤー名「色ぬり」とする。

    「色ぬり」のレイヤーサムネール(赤枠)をクリックしたら、雲模様を消去。(⌘A+deleteキー)

     

  • STEP.3
    次に、イラストに使いたい色で全面を塗りつぶし、描画モードを[通常]に。

  • STEP.4
    「色ぬり」レイヤーと「もやもや」レイヤーを上下入れ替えると、以下のような色ムラのある水彩画風になる。

  • もうひと手間

    もう少し水彩画っぽさが欲しいなら、塗りつぶしではなく、ブラシを使って塗り塗りしていく。塗り重ねると色が濃くなるので、調節しながら陰影をつける。

    見本はブラシ[水彩]、ブラシの直径120px。

    「もやもや」レイヤーの雲模様を拡大・縮小、回転・反転などで、ムラ具合が多少変更できる。その際には、マスクとのリンクマークは外して処理を行う。




【工程3】フチを作る

素材にフチをつけます。フチをつけるとメリハリができますが、ほわんとした雰囲気の水彩画がお好みなら、この処理はなくても良いです。

  • STEP.1
    「もやもや」レイヤーをコピーする。レイヤー名「フチ」とする。
  • STEP.2
    雲模様を消去して、白で塗りつぶす。
  • STEP.3
    レイヤー効果[光彩(内側)]で、色と数値を設定をして、選択範囲の内側にぼかしを作る。

    「フチ」レイヤーの描画モードを[乗算]にして、完成。

    左:フチ設定前、右:フチ設定後

確認!

  • レイヤーの順番は合っていますか? → 1.フチ 2.もやもや 3.色ぬり
  • レイヤーの描画モードを確認 →  フチ[乗算] 、もやもや[スクリーン]、色ぬり[通常]
  • マスクレイヤーは機能していますか?
  • 「イラスト」レイヤー(元のイラスト)が表示されていませんか?

 




アレンジしてみよう

色塗りのブラシを変えたり、色を混ぜたりすると表現方法も広がります。

すみません、あまりセンスの良いアレンジではないですが…こんな感じにもなりますよ、ということで。。

まとめ

今回の、Photoshopでイラストを水彩画風にする工程は3つです。

覚えておこう!

  • 雲模様でムラを作る
  • ムラに色をのせる
  • フチを作る

素材を探してきたり、特殊なブラシ設定をする必要がないので、やり方を覚えてしまえば作業は簡単にできます。

後からの修正もレイヤーの追加や削除で対応したり、いろいろな応用が利きくのでアレンジも多様です。

みなさんも自分流にカスタマイズしながら、Photoshopの水彩画風にチャレンジしてみてください。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。